外車や輸入車は専門店へ

「餅は餅屋」ということわざがあります。 今回は、そんなお話です。 ちなみに、意味は「何事も専門家に任せた方が結局のところ一番良いですよ」ということ。

輸入車専門店

日本車を扱う業者にはノウハウが乏しい

大手をはじめ、一般的な中古車買取業者は、基本的にどのような車も査定し買取を行うつもりで望みます。 ですので、輸入車だろうが外車であろうが何でも査定してくれますが、少々、問題があります。 それが、本当に正しい査定ができるかは正直怪しいということ。

理由は、得意分野があくまで日本車となるため、どうしてもノウハウが乏しいのです。 結果、外車・輸入車の場合は、専門に扱っているノウハウをもっているお店にお願いをした方がよいといえるわけですね。

売る側・買う側の双方ともリスクが高いのが外車

通常の中古車買取業者は、お客さんから愛車を買い取ると、次は中古車オークションで販売することになります(この差額が利益となる)。 買い手はさまざまですが、中心となるのは日本車を販売する中古車業者です。 結果、買う側は、外車・輸入車がオークションに流れても入札をしない傾向があります。 入札をするのは輸入車専門店になります。

日本車販売業者なぜ入札をしないのか? やはり「売れないから」です。 いくら外車・輸入車の性能がよくなってきたとしても(特にドイツ車は目に見張るものがある)は、まだまだ壊れやすいイメージが強いのです。 昨今は、品質よりも「何かあったときに面倒」「税金が高い」などのデメリットを懸念する傾向になってきたようですが。 しかし、最近ではアウディなど爆発的に売れている外車も出てきています。 ともあれ、日本車販売業者から見ると日本車と比べた場合、売りにくいなどのイメージがあるのは確かです。

こういった背景があるため、どうしても中古車販売業者は手を出しにくいというわけですね。 売る側は、買い手がつきにくい車になるため、お客さんから買い取るときに、このリスク分が査定額に反映されてしまい低くなってしまう傾向があります。 また、日本車販売店に比べて輸入車専門店の数が少ないというのも入札が入りにくい原因です。

お客さんが利用しないことも挙げられる

ちなみに、外車・輸入車を探してお客さん側にも要因が隠れています。 それが「利用をしないということ」です。

もし、この手の車を探すとき、やはり専門店を中心に探すことになるかと思います。 例えば、ベンツの中古車を欲しいと考えたときを想像してみてください。 日本車ばかりを扱っているお店で数台だけ置いてある状況と、専門店でベンツだけを置いているお店、どちらで購入しますか? 多くの方は、後者の専門店だと思います。

このように、専門店が存在する以上、日本車を中心に扱っているお店はリスクを背負うことになるわけです。 販売店の専門店があるように、買取店でも専門店がありますので、外車や輸入車の場合は、輸入車専門買取店へ査定を依頼するのが最も良いということですね。

 

輸入専門店は当然ノウハウがある

先の説明で、専門店の方に査定をお願いした方がよい理由は、概ね理解していただけたかと。 当然、査定時も外車・輸入車の細かいことまで知っているので、正しい査定を行うことができます。

もう少し掘り下げてお話をしていきます。 以下のことが、通常の買取業者よりも査定額を有利にしてくれる理由ともいえます。

売り方を知っている

結局のところ、外車・輸入車の扱い方を知っている。 これが大きな要因でしょう。 買い方はもちろんのこと、売り方も知っていることが大きいです。

専門店を謳うだけあって、コアなお客さんはしっかりと確保しているため、さまざまなリスクが外車にあったとしても売れる自信があるのです。 かつ、放っておいても自然とお客さんがよってくるのも、この手のお店の特徴といえるでしょう。 (ライバル店が少ないため特定の車種が欲しくなったときの選択肢が少ない)

彼らの横の繋がりの強さには驚かされる

中古車オークションに流さずに直接お客さんに売る方法があるのも専門店の強みです。 外車自体の台数が少ないため、探しても見つからないという状態がよくあります。 結果「市場に出てくるのを連絡待ちしている状態」となり、販売店側は既に売却確定となっているため買取のときも自信をもって対応してくれるのです。 これが、査定額に反映されることもいえます。

もっというと、これらの「欲しがっているお客さんの情報が共有されている」という特徴も専門店の1つの強みといえます。 買取バカも、この横のつながりには何度も驚かされた覚えがあります。

 

まとめると「自信の表れが査定額に繋がっている」こと

平たくいってしまえば、外車・輸入車を専門店に査定してもらうとよい理由は… 売れる自信があるから、強気の査定額で買い取ることができ、日本車メインの買取業者に差をつけることができる。 これが、大きな理由です。

この様に外車や輸入車の場合は、専門店へ査定を出した方が高額な査定額が出る可能性が高くなりますから、外車・輸入車の査定を出すときには、一括査定サービスを利用しつつ、必ず専門店にも依頼をするようにすることが上手な査定額アップの方法です。 もちろん、一括査定サービスの中にも外車専門業者も入っています。

愛車を高額で売却するには

査定を依頼した後に多くの買取業者から連絡が来るのが嫌という方は、こちらの1社に依頼を出せば多くの買取店がオークション形式で競い合ってくれる車の買い取り査定サービスのUcarPACがお勧めです。

 

実際に買取バカが愛車のアルファードを一括査定に出したところ、最大30万円強という査定額の差がありました。

買取バカがオススメする一括査定サイトは、買取バカが査定士だったころに全く買い取ることが出来なかったカーセンサーです。

一括査定の中で最も参加企業数が多いのがカーセンサーですが、ここからの査定依頼では常に競合がひしめき合い査定士泣かせのサイトでした。最大で30社に査定を依頼することができるので、交渉が苦手な方でも高額な査定結果を出すことができるのが特徴です。

オススメ一括査定

 

>> カーセンサー.net <<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ