ハイブリッド車の査定額は今のところ高額が出やすい

最近、ちょっとした時間が作れたため、かなり前に流行した海外ドラマ「24」を拝見させてもらった買取バカです。 流行に完全に乗り遅れてしまった感は強いですが、確かに評判通り面白いです。

ファイナルシーズンまで一気に見る時間と体力はありませんが、ゆっくりとフィニッシュしていきたいと考え中。

さて、そんな24ですが、当時、時代のニーズにあった作りでもあり、人気が爆発したことは記憶にあたらしいところ。 しかし、今ではレンタル店でも隅に追いやられてしまっているのだなと、時代の流れに感慨深いものがありました。 ということで、時代が求めているハイブリッド車についてが、今回の本題です。

 

時代がハイブリッド車を求めている

今現在、ハイブリッド車は売れに売れています。 参考に、2014年4月の新車販売台数のランキングを見てみると、上位にはハイブリッド車で有名な車種ばかりが並んでいます。 (あくまで車種単位での販売台数のため、ハイブリッド車と普通車の混合の数字ということは、ご承知おきください)

このことからも、時代の流れがハイブリッド車(エコカー)に流れていることは一目瞭然。 となると、当然ではありますが、中古車市場もハイブリッド車を求める声が強く、こちらも売れている状況です。

この結果、売り切れる可能性が非常に高いため、中古車買取業は査定額も強気の値段を提示することができ高評価に繋がりやすい状態となっています。

 

「今のところ」がキーポイントの査定額

さて、お気づきかもしれませんが、本記事のタイトルを見て違和感を覚えませんでしたか? 見出しでも強調していますが、「今のところ」ハイブリッド車を求める声が多いため高評価になっています。

しかし、これがいつまで続くのか?までは、なかなか判断が難しいところ。 海外ドラマ「24」のように一世を風靡するも、時代の流れと共に、表舞台から消えてしまうこともあります。 流行というものは、そういうものであり、ハイブリッド車もある意味で「流行」と言い換えることができる側面を持っています。 したがって、いつかは表舞台からフェードアウトしてく可能性は十二分にあるということを頭に入れておきたいところ。

暫くは続くのか?ハイブリッド市場の勢いは…

税金の優遇や、ガソリンの値上がりなど、ハイブリッド市場を賑わしてくれるような要因は、まだまだ続きそうな気配があります。 となれば、暫くはこの状態が続くことが予想されます。

買取バカは、この手の経済状況を見る力は皆無のため、今後、どのように動くか分かりません。 しかし、次に詳しく記載しますが、徐々に次世代エコカーの気配も強くなりつつあります。 となると…意外と早くハイブリッド車の牙城が崩れる可能性もあります。

結局のところ「今のところは高評価だけど…将来のことは神のみぞ知る」といったところです。

 

肝心の次世代エコカーは出てくるのか?

気になる次世代のエコカーですが、買取バカ個人的な感想を言えば、楽しみで仕方がありません。 新しい技術が世に出て、プリウスのような大きなインパクトを与えれば、市場は大きく変わる可能性があります。 したがって、現在、ハイブリッド車に乗っていて、将来的に売却することを考えているのであれば、注意深く動向を観察する必要が。

では、注目の次世代エコカーは? 筆頭は、既に商品化されているスーパークリーンディーゼルでしょう。 ディーゼルと耳にすると環境に悪いと思ってしまいますが、「スーパークリーン」という文言に注目してください。 簡単にいえば、凄く綺麗なディーゼルエンジンとなっており、元々、燃費性能が素晴らしい燃料だったため、再度、注目をされている「エコカー」です。

ちなみに、欧州でエコカーというと、ハイブリッド車よりもスーパークリーンディーゼルをイメージする方が多いよう。 それだけ、市場に根付いていることの証明であり、日本でもその流れが起きつつあります。

他にも、日産の電気自動車や、マツダの水素ロータリーエンジン、さらに、つい最近ですがトヨタからも1回の水素注入で600km以上走行が可能な車を、2015年を目標に発売すると発表があったばかり。 このように、リアルタイムで次世代エコカーの開発が進んでいるので、数年後には「ハイブリッド車?あったねぇ~そんな車」となっているかもしれませんね。 となると、当然ですが、市場価値は下がり低評価の査定になることは言うまでもありません。

愛車を高額で売却するには

査定を依頼した後に多くの買取業者から連絡が来るのが嫌という方は、こちらの1社に依頼を出せば多くの買取店がオークション形式で競い合ってくれる車の買い取り査定サービスのUcarPACがお勧めです。

 

実際に買取バカが愛車のアルファードを一括査定に出したところ、最大30万円強という査定額の差がありました。

買取バカがオススメする一括査定サイトは、買取バカが査定士だったころに全く買い取ることが出来なかったカーセンサーです。

一括査定の中で最も参加企業数が多いのがカーセンサーですが、ここからの査定依頼では常に競合がひしめき合い査定士泣かせのサイトでした。最大で30社に査定を依頼することができるので、交渉が苦手な方でも高額な査定結果を出すことができるのが特徴です。

オススメ一括査定

 

>> カーセンサー.net <<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ