スポーツカーのミッション形式は査定額に影響を与える

よく「一部マニアの方に人気」という言葉を目にしたり耳にしたりしますよね。
ネットオークションで、出品されている商品を眺めてみても「こんなものが、こんな値段で売れるんだ!」と感心したことはありませんか?
つまり、何処の世界にも「一部マニアの方」が存在し、これは車の世界でも当然のことながら存在します。

今回は、この「一部マニアの方」がキーポイントになる車査定のお話になります。
ズバリ、スポーツカータイプはギアがどの形式になっているか?で“査定額が変わる”ということ。

 

車はギアチェンジをして走っている

車の基本中の基本のため、いまさら説明する必要もないかもしれませんが、敢えて記載させてもらいます。
教習所で必ず習うことですが、意外と「忘れてしまっている」ということもありますからね。

そもそも車とは、エンジンを動力としてギアを回し、ギアはタイヤを回して動きます。
かなり端折った説明ではありますが、イメージとしては、こんな感じです。

さて、ギアと一言で言っても、1速、2速、3速と順にギアを上げていき安定した走りをするようになっており、低速であればパワーが、高速であればスピードがでることが特徴。
結果、車の発進時には、重い物を動かすことになるため、パワーのある1速から発進していくわけです。

ただ、昨今の日本では多くの方が、このようなギアチェンジの操作をしていないと思います。
いわゆる「オートマチック(AT)」と呼ばれる機能が車に搭載されているため、アクセルを踏むだけでギアチェンジをしてくれるわけですね。
今では自動車免許自体もオートマ限定なるものがあるくらいですから、その普及率は凄まじいものです。
対して、自分自身でギアチェンジを行うギア形式のことを「マニュアル(MT)」と呼んだり「ミッション」と呼んだりします。

ミッションはテクニックが必要となる

さて、ミッション形式の車は、当然のことながら車の運転する技術を要します。
上手い方だと、このギアチェンジが非常にスムーズに行うことができ、場合によってはオートマチック形式の車よりも心地よい発進になることもしばしば。
さらに、雪道など「2速発進」「3速発進」など、ちょっとしたテクニックを出すこともできます。
ただ、現在ではATでも雪道用のスイッチなどが備わっており、楽に発進させることができるようになっている車もありますね。

 

スポーツカーは「テクニシャン」が乗る車?

ここからが本題。
速く走る車、走る楽しみを提供してくれる車の代表的なジャンルが「スポーツカー」。
買取バカが初めて乗った車「180SX」もいわゆるスポーツカーで、他にもスポーツカーには「MR2」「SKYLINE GT-R」「GTO」「FTO」など名車揃い。

この手の車を乗る時、1つ注意したいことがあります。
ファミリーカーではないし、大容量の荷物を載せることも不可能となっているということ。
つまるところ、単純に車の走りを楽しむための、嗜好性の強い車だということです。
「そんな車に乗る人間がいるのか?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。
そこで登場するのが、冒頭で触れた「一部マニアの方」というわけ。

この手の方々は、「スポーツカーでオートマチックはあり得ない」と感じている場合がほとんどで、これがモロに査定額に直結するのです。
一体どういうことなのか?
言い換えるとこうなります…「スポーツカー市場は一部マニアの方々の世界で盛り上がっている。結果、オートマチックは売れない。」と。

だからこそ、スポーツカータイプに乗る場合は、ミッションにすると査定額は有利になるわけですね。
どれくらいの差がでるのか気になるところかと。
ズバリ最大で30万円です。

買取バカが体験した最大の差額が、この価格になります。
100万円と70万円と実際に数字にしてみると、この差の大きさがより実感して頂けるかと思います。
この差は、車種によってまちまちですので、一概には言えませんが、こういった事例もあったと認識しておいて下さい。

昨今…さらに差が開く可能性も

スポーツカータイプ自体、年々減りつつあり、さらにはミッション車も減っています。
したがって、市場としては売り手市場になる可能性も含まれています。
分かりやすく言えば、ミッション車が中古車市場になかなか出てこないため、市場が「商品が出てくるのを待っている状態」となり、少々高くても買い手がつく状況というわけ。
将来的に、このような状況になるのか?は判断することが難しいですが、可能性は大いにあると認識しておいても問題ないかと買取バカは考えています。

さぁ、一部マニアの方はATではなくMTを購入しようではないか!^^

ちなみに、スポーツカー以外ではATとMTどちらが良いのかに付いては、車種によってMT車AT車の価値は大きく変わるで詳しく解説しています。

愛車を高額で売却するには

査定を依頼した後に多くの買取業者から連絡が来るのが嫌という方は、こちらの1社に依頼を出せば多くの買取店がオークション形式で競い合ってくれる車の買い取り査定サービスのUcarPACがお勧めです。

 

実際に買取バカが愛車のアルファードを一括査定に出したところ、最大30万円強という査定額の差がありました。

買取バカがオススメする一括査定サイトは、買取バカが査定士だったころに全く買い取ることが出来なかったカーセンサーです。

一括査定の中で最も参加企業数が多いのがカーセンサーですが、ここからの査定依頼では常に競合がひしめき合い査定士泣かせのサイトでした。最大で30社に査定を依頼することができるので、交渉が苦手な方でも高額な査定結果を出すことができるのが特徴です。

オススメ一括査定

 

>> カーセンサー.net <<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ