車を個人で売買した時のメリットとデメリット

車を高く売る方法がある!といったら、やっぱり興味がありますよね。 元査定士の買取バカも、ついつい知りたくなってしまいます。 今回は、そんな夢の方法を “大きなデメリット” と共にお話をしていきます。

 

ズバリ「個人売買」が高く売る方法

どこの業者も仲介させずに、車を欲しがっている人に売る。 いわゆる個人での売買を行えば、最も車を高く売ることができる可能性があります。

「だから、これからは個人間取引で車を売買しよう!」と、実はなりません。 理由は、冒頭でも強調させてもらった、大きなデメリットが潜んでいるから。 ともあれ、個人売買のメリット・デメリットを見ていきましょう。

メリット

  • 仲介が入らないため、仲介料などがかからない
  • 本当に車を大事にしてくれそうな人に売れる
  • 消費税がかからない(個人事業主の場合はかかります)
  • マニアックなカスタムパーツなどが評価される

というメリットが個人売買ではあります。

デメリット

それに対してデメリットは

  • 車の名義変更などの物凄く面倒な書類手続きを多くこなさないといけない
  • トラブルに発展した場合は、個人同士で解決しないといけない(泥沼化に発展することも多々ある)
  • ローン関連が組めないため、高額商品はなかなか売れない場合もある
  • 相手の交渉術が巧みだと業者に頼むよりも損する場合がある

など、中には大きなトラブルに巻き込まれる危険性も秘めているのが分かります。

 

コストパフォーマンスは悪い場合が多い

買取バカ個人的な意見をいえば、断然、業者に仲介させた方がよいと考えます。 確かに通常よりも高額で売ることができるかもしれませんが、デメリットの面を打ち消すほど高額にならないという理由から。 平たくいえばコストパフォーマンスが悪いということです。

正直、大きな差はないのが現状

車種やパーツなどに左右はされますが、個人売買と業者仲介の販売価格を比べると… 差額は大きくないことが現状です。 買取バカの査定士時代でも百万円単位で差がつくことは、あまり聞いたことがありませんでした。 せいぜい数十万円といったところが多かったです。

もちろん、この数十万円が非常に大きな数字だとは思いますが、どうしてもデメリットを打ち消すほどパンチの効いた額ではないのです。

 

多いのは売買後のトラブル

なぜここまでネガティブキャンペーンのようなことを話しているのかというと、やはりトラブルが怖いからです。 直ぐに解決できるトラブルであれば、何ら問題ありませんが、泥沼化していくことが多いのが事実です。 こうなってしまうと、肉体的にも精神的にも疲れ果ててしまうことも。 どうしてもリスクの大きさが気になってしまうのです。 大親友同士の売買でもトラブルに発展してしまい絶縁状態になってしまった何てこともあるようですから注意が必要です。

具体的なトラブルってなに?

よくあるケースで「修復歴を偽る」です。 最悪の場合、大事故につながってしまった事例もあります。 修復歴車と事故車の明確な違いでもお話しましたが、修復歴は販売時に明示しないといけないことになっています。 しかし、個人売買のときは、大事なことに関わらずあやふやなことになってしまうのです。 そもそも、車の知識が乏しければ、修復があったか?なんてことは分かりません。 したがって、この手のトラブルが後を絶たないのです。また、個人売買で多いのがメーター改ざんです。こういった車輛の場合は整備記録簿が紛失されており無いことが多いという特徴があります。この様な隠された瑕疵も見破らなければならないのが個人売買なんですね。

 

ただ徐々に増えつつある売買方法ではある

デメリットばかりを話してきましたが、使いようによっては素晴らしい売買ができる大きな可能性を秘めているのも事実です。 デメリットも徐々にではありますが解消され、売買方法など確立されつつはあります。 さらに、ネットオークションという車を売るための舞台も整っています。 その結果、利用している方が徐々に増えているというわけです。

大事な愛車を車の好きな人に売ることができる嬉しさ

車をこよなく愛している人であれば、気持ちの良い売買ができる可能性があります。

ちょっとしたプレミアのついている車を売るとしましょう。 買取業者を仲介させると、誰に売れたか?なんてことは全く分かりません。 最悪の場合、このプレミアの素晴らしさを全く理解していない人が乗って、めちゃくちゃにしてしまう可能性もあります。 購入した車をどう扱おうが買った人の自由のため、どうしようもないのです。

しかし、個人売買であれば、これがクリアになるため、価値の分かる人に売ることができるわけです。 買取バカも、このような形になることが理想だと思うので、トラブル回避がしっかりとできれば、非常に喜ばしい取引になることは間違いありません。

 

トラブルが多いこそビジネスチャンスが!

完全な余談です。 徐々に個人売買を安価に手伝う業者も出てき始めています。 ネットオークションが中心となりますが、このような業者がいて「安ければ」利用したくなるものです。 まだまだ発展途上のサービスのため、意外とアイディア勝負で大きな利益を挙げられることができるかもしれませんね。

 

車を個人売買するなら自己責任

個人売買のメリットとデメリットをお話ししてきましたが、買取バカの考えでは、将来的には安全に使えるようになってくるのかな?と思いますが、現在では少しリスクが大きいと思っています。 すべて個人の責任になってしまいますので、そこまでリスクを負うことができるのかどうかがポイントですね。

  • 個人売買で少し(数万円から数十万円)高く売りリスクを負う
  • 業者売買で相場通りの金額で売りリスクはなし

このどちらが良いか。 買取バカならリスクなしを選んでしまいますね。 個人売買でのリスクは個人売買のメリットである数万円から数十万円高く売れる差額を越えるリスクがあると考えるからです。 最悪ケースは更にマイナスになる可能性も否定は出来ませんしね。ある程度は車業界の知識があり、トラブルがあっても自分で解決できる能力があり、 その辺のリスクを負えると判断した方のみ、 個人売買を選ばれるようにして下さいね。

 

愛車を高額で売却するには

査定を依頼した後に多くの買取業者から連絡が来るのが嫌という方は、こちらの1社に依頼を出せば多くの買取店がオークション形式で競い合ってくれる車の買い取り査定サービスのUcarPACがお勧めです。

 

実際に買取バカが愛車のアルファードを一括査定に出したところ、最大30万円強という査定額の差がありました。

買取バカがオススメする一括査定サイトは、買取バカが査定士だったころに全く買い取ることが出来なかったカーセンサーです。

一括査定の中で最も参加企業数が多いのがカーセンサーですが、ここからの査定依頼では常に競合がひしめき合い査定士泣かせのサイトでした。最大で30社に査定を依頼することができるので、交渉が苦手な方でも高額な査定結果を出すことができるのが特徴です。

オススメ一括査定

 

>> カーセンサー.net <<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ