個人取引で必要になる書類とすべきこと

今回のテーマとなるのは「車の個人売買を行う上で必要な書類」そして「すべきこと」になります。
トラブルが多発することで敬遠されがちの個人売買ですが、しっかりと売る側・買う側の両者が理解して行えば、高い金額で売ることができ安い金額で購入ができるという非常に大きなメリットを掴めます。
したがって、まずは基本的なことを押さえて、個人売買を行っていきましょう。

 

オーナーから車を買う人が準備する書類

まずは「車を購入する側」が準備しなければいけないことから説明をしていきます。
購入する側は、基本的に必要とする書類は多くはないので、スムーズに用意することができるかと。

車庫証明

車を所持するためには、その車を置いておく「車庫」が必要となります。
「保管する場所をしっかりと確保してありますよ!」という証明書。
警察署で発行してくれるため、所定の手続きを行ってください。

印鑑証明書および実印

実印と印鑑証明書は名義変更のときに必須となるため用意しておく必要があります。
もし印鑑登録をしていなければ役所に足を運び、登録をする必要が出てしまいます。
しかし、この作業は直ぐに行うことができるためサクッと行っておきましょう。
ちなみに、登録する印鑑は実は何でもOKで、凄いデザインの凄い高い印鑑を用意する必要はないためライトな気持ちでよいかと。

 

車を売るオーナーが準備する書類

車を売るオーナー側は非常に多くの書類が必要となります。
簡単ではありますが、以下より1つ1つ説明をしていきます。

自賠責保険証明書

よく耳にする自賠責保険。
この保険料を支払っていると証明するものとなります。
車を乗るためには必須の保険であり、これが未納となっていると乗車することはできません。
常に車に保管しておく必要があるものなので、ダッシュボードなどに入っていることが多いかと。

自動車検査証

自賠責保険と同様に、乗車するために必須の証明書となります。
いわゆる車検証と呼ばれるもので、もし紛失していた場合は、運輸支局で再発行をしてもらう必要があります。
さらに、もし車検を通していないのであれば、言うまでもなく乗ることができません。

自動車税納税証明書

毎年、春に送られてくる憂鬱になるアレのこと。
自動車税をしっかりと納税した証明となる領収書になります。
意外と紛失してしまう方が多いため、毎年、きちんと保管しておくことをオススメします。
もし紛失してしまった場合は、自動車税を管理している事務所や、税務署で再発行してもらうことが可能。
もちろん、納税している方のお話で、未納の方は、早急に納税する必要がでてきます。

譲渡証明書

名義変更を行うときに、必須の証明書となりますが、実は軽自動車の売買の場合は必要はありません。

印鑑証明書

車を購入する側と同様で、名義変更をするときに必須の書類となるため、こちらも役所に足を運んで用意をしておく必要があります。

リサイクル券

自動車リサイクル料金と呼ばるものを支払ったことを証明する「券」となります。
こちらも、意外と紛失してしまう方も多く再発行する場合は運輸支局に足を運ぶ必要が出てしまいます。

住民票

車検証に記載されている住所と異なる場合に必要となる書類。
車検を通した後に引っ越しをしてしまった場合などが対象となります。

予備検査証 / 登録識別情報等通知書

一時抹消・予備検査付きで売買するさいに必要となります。

 

個人売買ですべきこととは?

車の個人売買で「すべきこと」は、はっきりと言うと非常にたくさんあります。
個人売買の最大のデメリットでもあるトラブルにならないためにも、すべきことを把握しておく必要が。
ここでは、この書類関係に焦点を合わせて説明していきます。

大人として責任ある行動を

平たく言えば、先で準備した書類関係を責任を持って対応するということ。
大人として当たり前のことなので、大して難しいことではありません。
しかし、残念なことではありますが、これが「できない」という方が非常に多いのです(だからこそ、トラブルに発展してしまう)。

例えば、名義変更の手続きをするために面倒な作業を行わないといけないのですが「面倒だ」「忙しくて中々できない」と無責任なことを言う方が。
車を購入する側としては、迅速に・速やかに、これらの手続きをしていきます。
車を売る側としては、購入する側がスムーズに手続きができるように必要書類を用意し、さらに名義変更が完了したかの確認を小まめに取ること。

繰り返しになりますが、大切なことなので何度も記載をさせてもらいます。
このように、各々が責任を持って行動を起こすことが個人売買をするさいの「すべきこと」になります。

愛車を高額で売却するには

査定を依頼した後に多くの買取業者から連絡が来るのが嫌という方は、こちらの1社に依頼を出せば多くの買取店がオークション形式で競い合ってくれる車の買い取り査定サービスのUcarPACがお勧めです。

 

実際に買取バカが愛車のアルファードを一括査定に出したところ、最大30万円強という査定額の差がありました。

買取バカがオススメする一括査定サイトは、買取バカが査定士だったころに全く買い取ることが出来なかったカーセンサーです。

一括査定の中で最も参加企業数が多いのがカーセンサーですが、ここからの査定依頼では常に競合がひしめき合い査定士泣かせのサイトでした。最大で30社に査定を依頼することができるので、交渉が苦手な方でも高額な査定結果を出すことができるのが特徴です。

オススメ一括査定

 

>> カーセンサー.net <<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ