下取りのメリットとデメリット

車査定を高くするためのサイトを見ていると、こんな文字をよく目にします。 「車を下取りにだすと損です!安く買い取られてしまうため買取にしましょう!」 このようなニュアンスの言葉。

さて、本当に損なのか?気になるところですよね。 今回は、ディーラーに下取りをしてもらうときのメリット・デメリットについてお話をし、本当に損なのか?を考えていきたいと思います。 その前に、下取りと買取の違いに関しては買取相場と下取り相場は違うを参考にしてください。

 

下取りのメリットとは?

下取りのメリットを以下にまとめ、さらにピックアップしてお話をしていきます。

面倒な手続きなどがなくお手軽に下取りに出すことができる 納車日まで乗車することができる 中古車市場に影響されない場合がある 値段がつかないような車にも値段を付けてくれる ディーラーとの信頼関係を築きやすくなる

やはり手軽さは大きなメリット

面倒な手続きなどは全てディーラーが代行してくれます。 ディーラーという場所は、なにも車を売るだけが仕事ではありません。 実は、このような書類関係の手続きなどがメインの仕事といってよいほど、手際よく処理をしてくれます。 やはりいろいろな面倒なことはやってもらいたいですからね。 しかし、買取でも同じように事務手続きは代行してもらえます。

独自の査定基準で高く売れることも?

買取相場と下取り相場は違うでも紹介したように、ディーラーの下取りには独自の査定基準というものを儲けています。 これは、中古車市場に左右されるものではありません。 ですので、人気車種であっても厳しいことで有名な独自の判定基準がネックとなり査定額が小さくなってしまいます。 ただ裏を返せば、中古車市場で売れないような不人気車や故障車、修復歴多数の車などでも判定基準を満たせば値段をつけてくれるといえます。 買取業者が投げやりになってしまった車でも、しっかりと下取りしてくれる魅力は大きいですよね。 また、購入時の交渉のカードとして下取車を持っておくという考え方もできます。

 

下取りのデメリットとは?

買取の方が高く売れる傾向が強い 下取り価格が新車購入のどこに当てられお得になったのか分かりにくい(誤魔化されやすい)

買取専門業者ではないため勝てない

そもそも、ディーラーは車を売ったりメンテナンスや保険などを販売して利益をあげるお店。 対して、買取業者は車を買い取ってオークションに流して利益をあげるお店。 ですので、買取を専門にしている業者に対してディーラーに「勝て」というのは酷な話です。 事実、買取業者はしっかりと売り方を知っているため、買取専門店はディーラーよりも強気に値段を出すことができるのです。

このような大きな違いがあるために、やはり買取と比べると安く査定されてしまうことが多いといえます。 ただし、メリットの部分でお話したとおり、下取りの方が高くなる場合もあることは理解しておきましょうね。

ディーラーのやらしいところは見積にある!

下取りしたはっきりとした価格を新車購入の見積書に記載してくれればよいのですが…。 ときとして「値段はつけれないけど別の部分でサービスしますよ」という交渉をしてくることがあります。 例えば、「オプションのフロアマットは無料でつけるため、下取りはこれでお願いします」というような物々交換のような形にされてしまうこと。

実は、この方法はディーラーの常套手段で、あたかも得をした気分にしてきます。 もちろん本当にお得になることもあります。 買取査定額が付かない車でも下取りなら価値があるで買取バカが紹介しているセフィーロの体験談はお得となった典型的な例。 ともあれ、ディーラーとしては、こちらのほうが利益を上げやすいため、このような営業トークにつながってくるわけですね。

 

大きなメリットも多いため「いうほど悪いものではない」

先に断っておきますが、以下文章は、あくまで買取バカの見解ですので、あらかじめご了承ください。

他サイトでは、「下取りは査定額を低くするからやってはダメ!」と下取りを悪者扱いをしていますが… 実際のところは、手間暇などを考慮すれば、いうほど悪いものではないというのが買取バカの考えるところ。 したがって、必ずしも「損」をするわけではなくケースバイケースだと思います。

愛車を高額で売却するには

査定を依頼した後に多くの買取業者から連絡が来るのが嫌という方は、こちらの1社に依頼を出せば多くの買取店がオークション形式で競い合ってくれる車の買い取り査定サービスのUcarPACがお勧めです。

 

実際に買取バカが愛車のアルファードを一括査定に出したところ、最大30万円強という査定額の差がありました。

買取バカがオススメする一括査定サイトは、買取バカが査定士だったころに全く買い取ることが出来なかったカーセンサーです。

一括査定の中で最も参加企業数が多いのがカーセンサーですが、ここからの査定依頼では常に競合がひしめき合い査定士泣かせのサイトでした。最大で30社に査定を依頼することができるので、交渉が苦手な方でも高額な査定結果を出すことができるのが特徴です。

オススメ一括査定

 

>> カーセンサー.net <<

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ページの先頭へ